ページトップへ

通気断熱WB工法のしくみ | 注文住宅 東京 工務店 丸栄建設

通気断熱WB工法のしくみ

快適のメカニズム


快適のメカニズム

外気温と受熱温の温度差によって対流を起こし、焼け込みが室内にこもらない夏の『空冷断熱』構造。

空気を制御し、水分を放出しながら、熱は放出しない冬の『保湿断熱』構造。

この2つの構造を季節によって着替えるのがWB工法です。

夏涼しく、冬暖かい通気断熱WB工法の快適健康システムをご紹介します。

 

快適のメカニズム

 

通気断熱WB工法の、涼しく、冬暖かい快適な健康システム

夏

暑い日には、各ヘルスが温度を感知し自動的に開き、壁内の通気層を冷却層にする。
外気温の影響を直接受けず、涼しい室内をもたらす。

涼しい室内

DATA

  • 外気温…約35℃
  • 床下の地熱…約23℃
  • 室内温度…29℃
  • ホルムアルデヒド濃度…平均値0.064ppm
  • 床下の地熱…約23℃
  • 湿度…約40%~55%
  • 省エネ効率…エアコン不要または1/5
  • 焼け込みによる熱帯夜…なし

 

冬

寒い日には、各ヘルスが自動的に閉まり、壁内の通気層を保温層にする。
快適な温かさを保つ。

快適な温かさ

DATA

  • 外気温…約-5℃
  • 床下の地熱…約14℃
  • 室内温度…20℃
  • ホルムアルデヒド濃度…平均値0.034ppm
  • 湿度…約40%~55%
  • 省エネ効率…既存住宅の暖房費1/2~1/3
  • 窓結露…なし
  • 積雪対策…自然落下