ページトップへ

通気断熱WB工法とは | 注文住宅 東京 工務店 丸栄建設

通気断熱WB工法とは

家を生き物としてとらえる


通気断熱WB工法

一年を通して高い湿度、世界有数の降雨量、夏と冬の著しい温度差という、建築物にとってきわめて厳しい条件下にある日本において何百年、何千年にも渡り存続してきた日本建築の技術には、現代住宅の目指す健康・省エネ・高耐久の知恵やヒントがあふれています。

木は呼吸をしています。その周りを合板パネルやビニールなどで覆ってしまえば息をすることができません。その結果が、家の寿命を縮める結露や家中にこもった湿気による蒸れ腐れです。木は強いもので、多少濡れても通気が良く呼吸ができれば、蒸れ腐れすることはありません。

家に暖かさを求めた安易な高気密ではなく、伝統の建築文化を学び、現代の生活様式にあった蒸れ腐れのない住宅。それこそ、家をただの器ではなく、生き物としてとらえるWB工法の原点です。

 

家を生き物としてとらえる

ダブルでブレス(呼吸)
2つの通気層で、呼吸をするという意味を持ちます。

 

ポイント WBの家は、『息をする家』

4人家族の場合、1日に約6リットルの水分が放出されると言われています。これらの水分をいかに外に放出するかが、家づくりの重大な課題です。

通気断熱WB工法が目指したのは、息をする家。室内で発生した余分な湿気は壁を通し、通気層へ排出され、家の外に抜けていく構造です。

常に穏やかな換気をしている状態になり、有害な化学物質対策や結露対策にも極めて有効という研究結果も明らかになっています。

WB工法は、湿気や化学物質などが室内にこもらない、まさに健康を守る家です。

常に穏やかな換気をしている状態

 

息をする家

 

ポイント WBの家は、『着替える家』

わたしたち人間は、寒くなれば重ね着をし、暑くなれば薄着になることで、寒さ暑さをコントロールしています。この私たちが自然に行っている生活の知恵を応用し、室内の温度と湿度を調整することによって、夏涼しく冬暖かい住まい環境を作り出すのが通気断熱WB工法です。

WB工法の特許技術である「形状記憶式自動開閉装置」が自然の熱を感知し、自動的に開閉して通気層を冬は保温層に、夏は冷却層にする構造です。

つまり、通気層によって断熱効果を生み出すわけです。WB工法は、「形状記憶式自動開閉装置」が通気層を制御することによって、家にセーターを着せたり脱がしたりする状態を自然に作りだすシステムです。

形状記憶式自動開閉装置

 ▲冬は閉じて…

 ▲夏は開ける!

 

ポイント WBの家は、『流れを生かす家』

WB工法の、もう一つの重要なポイント、それは、家中に効果を及ぼす室内対流扇と、各部屋に効果のある室内空気循環装置「省エネ君ヨドマーズ」(特許)です。WB工法の補完的な装置で、室内の空気を穏やかに対流させて、空気のよどみや床と天井の温度差を解消し、省エネを実現します。

「省エネ君ヨドマーズ」は、天井部より壁に沿って気流を発生させ、床部の空気を吸い上げ、穏やかな対流を起こさせます。これにより、天井付近と床付近の温度差が解消され、部屋の隅々まで空気を対流させる仕組みです。

 

省エネ君ヨドマーズ▲室内空気循環装置
「省エネ君ヨドマーズ」(特許)

流れを生かす家

 

光熱費の削減ばかりか、よどんだ空気がなくなり、結露、カビなどを抑える効果も実証されています。一般の対流装置のように風を直接感じることもなく、また風音もありません。ちなみに消費電力は、弱回転で1日わずか8円程度。クリーンな空気で、快適な温度を保つ、通気断熱WB工法だから可能になるのです。